株式會社日本陶業

お問い合わせ(平日10時?17時)

03-3667-5921

No.09 気象庁清瀬庁舎 ニューグリップ工法
『自主管理を徹底、外斷熱を施したプロジェクト!!』

外斷熱、乾式工法の時代を感じた現場!

「清瀬にある気象庁関連の施設で、建物に窓一つない外斷熱を施したプロジェクトです。外壁は、1200×600ミリで厚さ12ミリのイタリア製大形タイルです。施工は、當社のニューグリップ工法で納めました。一番の重點課題は、自主管理でした。設備配管等を外壁の內側へ納めることで、軀體から200ミリ近いアングルを持ち出しています。アンカーの引抜きの自主検査、ボルトのトルク管理から面精度まで、設計、ゼネコンさんには納得のいただける施工が出來たと思っています。まさに外斷熱、乾式工法の時代を強く感じた現場でした?!?br> (㈱日本陶業/森下宏和)

①墨だし+アンカー穴あけ ①墨だし+アンカー穴あけ
②一次アングル取付け ②一次アングル取付け
③斷熱材35㎜セット ③斷熱材35㎜セット
④二次長尺レール取付け ④二次長尺レール取付け
⑤トルク管理 ⑤トルク管理
⑥タイルセット ⑥タイルセット
⑦通気層195㎜前後 ⑦通気層195㎜前後
建物概要
  • 建物名稱:気象庁清瀬庁舎
  • 所在地:東京都清瀬市中清戸3-235
  • 建築面積:2,028.40㎡
  • 構造:鉄筋コンクリート造(免震構造)
  • 階數:地上2階建(地下1階 塔屋1階)
  • 竣工:平成23年度
  • 設計:㈱NTTファシリティーズ
  • 施工:大成建設㈱
  • タイル施工:㈱日本陶業
h番动漫福利在线观看