株式會社日本陶業

お問い合わせ(平日10時?17時)

03-3667-5921

No.43 創価大學萬葉國際寮『自然と調和したレンガ』

『創価大學萬葉國際寮』レンガ採用について

平成20年に建築基準法の定期報告制度について見直しが実施され、特殊建築物の外裝タイル等の劣化?損傷については「3年ごとの調査の際に、手の屆く範囲を打診、その他を目視で検査し、異常があれば全面打診等により調査し、加えて竣工、外壁改修等から10年を経てから最初の調査の際に全面打診等により調査する」となった。
これにより、外壁タイルの建物が多く存在している創価大學では、維持費、改修費が膨れ上がった。 法改正以降の新築建物では、外壁にタイルではなく、別の仕上げ材を採用していた。 今回の學生寮でも、施主よりタイル仕上げ以外のもので行うよう指示があり、様々検討を行っていた。 しかしタイル獨特の風合い、表情に代わるものがなかなか見つからず悩んでいたところ、レンガに出會った。
本計畫のコンセプトの一つに「自然との調和、環境配慮」を掲げており、自然素材でありかつ、斷熱性能を確保でき、建物の高壽命化も期待でき、そして外壁に貼るのではなく、積上げるレンガは、定期報告の全面打診の対象外となり、しかもタイルよりむしろ重厚感があり奧行きのある表情が出せるため、採用を決めた。
大學での施工実績がないこと、イニシャルコストがやや高いこと、レンガの吸水率の問題、焼きムラや色の巾の問題、その他にもたくさんの懸念事項があったが、施工事例を學び、工場にも足を運び、現場には大きなモックアップを作成したりと、レンガについて施主と共に學び、一つ一つ問題を解決していった。
レンガ特有の焼きムラ、色の巾は、好みが完全に分かれる。 大きなサンプルを用意し、目地詰めも行い、何度もそれを見て頂く事で、見慣れてきた。 (なじんできたのではないかと思う。) 完成して1年半が経つが、あの時の不安要素は全く消え去った。
緑に包まれた武蔵野の丘で、自然と調和した建物からは、賑やかな學生の聲が聞こえてくる。 ここから將來、世界で活躍する人材が育ちゆく事を期待したい。
(株式會社創造社 第三設計部 中山 正一)

全景 全景
色調確認① 色調確認①
色調確認② 色調確認②
色調確認③ 色調確認③
見本積み① 見本積み①
見本積み② 見本積み②
R面コーナー R面コーナー
自立壁 自立壁
中空積みと透かし積み 中空積みと透かし積み
空調機目隠し壁 空調機目隠し壁 施工
建物概要
  • 工事名:創価大學萬葉國際寮
  • 発注者:學校法人 創価大學
  • 設計/監理:㈱創造社
  • 施工:大成建設株式會社
  • 場所:東京都八王子市丹木町一丁目 創価大學構內
  • 構造:鉄筋コンクリート造 地下1階、地上5階
  • 竣工:2017年3月
  • レンガ施工:㈱日本陶業
  • メーカー:岡本煉瓦㈱ 400m²
  • 営業擔當:西真慶 工事擔當:岡庭匠理
h番动漫福利在线观看