株式會社日本陶業

お問い合わせ(平日10時?17時)

03-3667-5921

No.47 焼津某マンション
『大規模修繕計畫、落ちないタイル工法を選択』

どんなR壁面でも落としません

當現場は、低層部及びエントランスホール廻りに、二丁掛山型タイルを縦張りで仕上げた高級感に溢れるマンションです。 実はこの低層部の外壁タイルの一部に浮きが生じた為、 マンションの大規模修繕工事に際して、応急処置として落下の恐れのあるタイルを除去し、カチオン等で補修をしておりました。 ところが大規模修繕工事を前に、改めて管理組合で改修方法を検討していた処、組合員の方より弊社ホームページをご覧頂き、 「落ちないタイル工法があるよ」とNEWカーニバル工法の推奨をして頂き、設計事務所及び管理組合にて慎重に検討をされました。 當乾式工法は、「マンションの付加価値の向上」にも寄與すると共に、 安全性にも信頼のおける工法として評価を頂きまして、乾式?NEWカーニバル工法による修繕工事が採用となりました。
施工に當っては、準備段階として現地での現狀調査を入念に行い、極力既存の外裝デザインを踏襲するタイル納まりや色調の提案を致しました。 また、復元をテーマとして、施工の手順などを管理組合に事前に明示し、ご理解を頂きました。 例えば出隅部の厳しい曲面施工では、下地橫レールを細かく割付け、切込みを入れた入念な施工をし、また、マグサ部の縦張り役物タイルも接著加工品ですが、タイル裏面にステンレス線を取付け、二重の安全策を採用しました。 さらに乾式施工でのタイル取付後、従來の仕上がりと同様に目地を詰めて、依然と全く同じ雰囲気に再現を致しました。
改修工事中は、住民の皆様に極力ご迷惑をお掛けしない様、騒音やホコリ等の抑制に配慮し、また一般の通行する方々への安全面を配慮した施工を心掛けました。 一階の花壇部は既存タイルが殘っておりますが、施工完了後の仕上がりの雰囲気は、修繕した部位との調和が上手く取れており、ほっと 胸を撫で下ろしました。

R部出隅に浮き分 R部出隅に浮き分
R部の除去と下地作成 R部の除去と下地作成
R壁面の除去と下地作成 R壁面の除去と下地作成
ロビー入り口の揚げ裏と內壁 ロビー入り口の揚げ裏と內壁
金物下地取り付けR面 金物下地取り付けR面
タイルの割付確認 タイルの割付確認
出隅部の金物下地 出隅部の金物下地
金物下地の割付と確認 金物下地の割付と確認
R部のレールの切り込み加工 R部のレールの切り込み加工
R部のタイルセット R部のタイルセット
弾性接著剤併用でタイルのぶれ止め施工 弾性接著剤併用でタイルのぶれ止め施工
タイルのセット タイルのセット
ホール內の揚げ裏及び內壁完了 ホール內の揚げ裏及び內壁完了
R部の多い外壁や花壇の完成 R部の多い外壁や花壇の完成
施工完了のホール入り口 施工完了のホール入り口
目地詰完了 目地詰完了
建物概要
  • 設計:AD同人一級建築士事務所
  • 施工:㈱望月塗工
  • タイル施工:㈱日本陶業
  • タイル:せっ器質二丁掛無釉山型タイル メーカー陶栄㈱
  • 工法:NEWカーニバル工法?縦芋張りパターン
  • RC下地直付けレール施工(下地金物SUS304) 目地詰め有り
  • 営業擔當:巖崎正徳 工事擔當:森下宏和 職長:伊藤一徳
h番动漫福利在线观看